シャアザク

「アナルレッド!」

「アナルレッド!」

「アナルレッド!」

「アナルレッド!」

「アナルレッド!」

5人揃って…

「「「血便戦隊 ヂレンヂャー!!!」」」

というのをウンコするたびに思っては忘れる毎日でしたが、遂に記憶が下らなさに勝利したことを報告します。

スーパードライフルーツ

射精するのに現金が要る。故の労働。そんな思想を抱いたつもりは無いが、現実として俺の日常にそう表れているのだ。

年末に出張が決まった。ジーザス…。『出張先  風俗』で検索するもやはりススキノには及ばない。これを書いている今、俺は札幌にいない。帰りたい。

出張が決まると、俺は冷蔵庫を空にするスケジュールを組んだ。数日で破綻しスーパーで幾度となく買い足しを行なったが想定の範囲内だ。

出発日になり、俺は無性にキウイが食べたくなったので例によってスーパーで買い足しをした。皮のままかぶりつきたかったのだ。キウイは冷蔵庫に、俺は出張先に。永遠の別れ。約束された変わり果てた姿。冷蔵庫にまで被害が及ぶ前に帰りたい。

チンーポッター

映画を見た。そして泣いた。この涙は、物語の産物である。

映画では、たくさんの人が繋がり、死に、生まれた。強い愛の物語だった。

流した涙はやがて蒸気となり雲となり野外セックスを楽しむカップルの頭上へと漂いそして雨となり迷い無き一筋の光のようにヴァギナへと向かっていった・・・。(完)

(水って蒸発して雲になって雨になるんだよな・・・?程度の知能で書きました。教育問題などにご利用下さい。)

コメント

▲Pagetop